足元を温めることで安眠を

 

この前はめぐりズムで目を温めることで寝やすくなるんじゃないか、という予想をもとに実験をしました。

まあそれは失敗に終わったんですがそこから得られる教訓もありました。

頭を温めるのがダメなら足元を温めればいいじゃないか!ということで足元の温めから眠りを安らかにするように努力してみました。

 

使うのは湯たんぽ。

昔から家にあるやつはステンレス製で熱そうだったのでアマゾンでプラスチックのものを買ってみましたよ。

これにお風呂に入って残ってたお湯を入れて布団に投入。

私は冷え性で手の先とかがすぐに冷たくなってしまうのでかなり気持ちよかったです。

 

めぐりズムも気持ちいいは気持ちよかったんですけどあったかすぎて寝にくかったんですよね。

その点、ゆたんぽは足全体をじわーっと温めてくれるので心地よさしかありませんでした。

 

熱すぎたら毛布を挟めばいいし、お湯だから徐々に冷たくなってくるのもいい感じでしたね。

電気とかガスとかを使わないのでそのまま寝ても家事とかにはならないっていうのも寝るときに使うものとしてはぴったりでした。

 

ということもあってかなり寝るときに使うには相性がいいなと思いましたね。

お金も一度ゆたんぽを買えばいらないし、消耗品でもないので追加で買うものもないので非常に楽。

かなりのあたりですね!

 

ただ、今は冬だから使えるけど夏になったらどうすればいいんでしょうね。

冷えピタを足に貼るっていうのはだめかな?

アイスノンとか頭を冷やすものならあるのでそっちをチャレンジしてみましょうかね。

まあ夏の心配は夏になってからということで・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です